マーブルプランボタン
のんちゃん企画ボタン

ラ・カロッツァ ネットショップ

   
高宮・平尾から鴻巣山周辺の情報をブログで発信
<< お節のリサイクル | main | 七草粥 >>
ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤーコンサート2016
「のんちゃん、チケット当選した?」と叔母からメールが来て「何が?」と答えたのが昨年12月頭頃だったか。
「チケット応募しておいたからさ、わたしは当たったんだけれど」
「!?!?」

ナンノコッチャかわからなかったのですが、コカ・コーラウェスト主催の【ウィーン・リング・アンサンブル】による、ニューイヤーコンサート】に行ってまいりました
ウィーン・リング・アンサンブルとは
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名コンサートマスター、ライナー・キュッヒルを中心に、ヴァイオリン2人、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、ホルン各1人にクラリネット2人の9人編成で、ウィーン・フィルの腕利きの主要メンバーたちである。(KAJIMOTOによるプロフィールから抜粋)
つまりが…1月1日にニューイヤーコンサートをテレビの中で聴かせてくれたウィーン・フィルの精鋭9人で行うアンサンブルの演奏会のチケットに当選したので行ってまいりました。
(注:ライナー・キュッヒル氏は昨年定年との事で、今回はニューイヤーには出演されていません)
アクロス福岡のキャパ1800人に対し、応募は13000人だったとのこと。
4時から座席券への引き換えにも関わらず、3時にはすでに並んでいて、お年寄りの方など、正装でいらした方もちらほら。

今年の初夢はウィーン楽友協会の黄金のホールのステージの上の席で、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートを聴く夢だったのですが、9人という人数に、物足りないのかと思いきや、キラキラと音がステージから次々と放たれてあっという間の時間でした。


あのテレビで見つめたカール=ハインツ・シュッツ氏と黄金のフルートが目の前のステージで音楽を奏でている!
あのホルンが…!あのクラリネットが!感動で涙が出そうになりました。
打楽器が入る曲では、自分の楽器を演奏しながら合間にトライアングルを打ったり、中でも最後のウィーンフィルでも演奏された速達郵便では、ライナー・キュッヒル氏が、スネア・バスドラ・シンバルを駆使していたのは凄かった。

一番良かったのはウィーン気質やアンコールの【美しき青きドナウ】。
一番力が入っていたように思いますしやはり特別なのでしょうか。

最後に演奏されたラデツキー行進曲の観客の拍手の強弱が、コントロールされ過ぎてて感心するやら笑うやら。
初めて生演奏で聴いたウィーン・フィルの音。
しばし夢のなかにひたらせていただきました。
今年1年、良いスタートが切れそうです。
以下 曲目と、演奏者の一覧を折りたたみに掲載。

『叔母様、ありがとうございました。でも、お願いだからわたしの名前と住所使ってくださるときは一報ください(汗)』
JUGEMテーマ:クラシック音楽
【プログラム】

シュトラウス・ファミリー・プログラム》
J.シュトラウスII: オペレッタ《こうもり》序曲
J.シュトラウスI: ポルカ「アリス」
J.シュトラウスII: ワルツ「ウィーンの森の物語」
エドゥアルト・シュトラウス: ポルカ・シュネル「粋に」
ヨーゼフ・シュトラウス: ワルツ「水彩画」
J.シュトラウスI: 中国人のギャロップ
<休憩>
J.シュトラウスII: オペレッタ《ヴェネツィアの一夜》メドレー
ヨーゼフ・シュトラウス: ポルカ・シュネル「憂いもなく」
エドゥアルト・シュトラウス: ワルツ「オーストリアの人々」
J.シュトラウスII: 新ピツィカート・ポルカ
J.シュトラウスII: ワルツ「ウィーン気質」
エドゥアルト・シュトラウス: ポルカ「速達郵便で」


【出演者】
<ウィーン・リング・アンサンブル>
ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン)
ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン)
ハインリヒ・コル(ヴィオラ)
ロベルト・ナジ(チェロ)
ミヒャエル・ブラデラー(コントラバス)
カール=ハインツ・シュッツ(フルート)
ペーター・シュミードル(クラリネット)
ヨハン・ヒントラー(クラリネット)
ヴォルフガング・トムベック(ホルン)
あなたのお店の情報ものせませんか!
問い合わせボタン
平尾•高宮から鴻巣山周辺まで取材をさせていただけるお店等を募集しています。リンク先より気軽にお問い合わせください。
blogram投票ボタン
ランキング参加中
本日の戯言 | 23:01 | author : のんちゃん | comments(0) | -
ご注意:本文に関係のない【広告や告知】はご遠慮ください。
【広告や告知】は『問い合せ・取材について』ボタンを押してメールフォームよりお知らせください、内容を検討して別途告知させていただきます。









 
 
CALENDAR
 
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
掲載情報項目
 
 
最新記事
 
 
過去の記事
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
RECENT TRACKBACK
 
 
LINKS
 
 
PROFILE
 
 
PAGETOP